MONONOFU登場人物 / 最後の武士(もののふ)達

旧幕府海軍「蟠龍」艦長 松岡盤吉

松岡盤吉

Matsuoka Bankichi / 不明 - 1871

生年は不詳。長崎海軍伝習所で航海術を学び、卒業後幕府に仕え、1860(万延元)年の咸臨丸渡米時に測量方を勤めた。1868(明治元)年に軍艦頭並となり、旧幕府海軍艦蟠龍の艦長として箱館戦争に参戦した。翌年6月20日(旧5月11日)の新政府軍箱館総攻撃時に、箱館港海戦で蟠龍を指揮して砲弾を放ち、新政府軍艦朝陽を撃沈させた。しかしながら、蟠龍も操船不能となり、松岡らは弁天台場に上陸した後、弁天台場で降伏した。東京に護送された後、1871(明治4)年に病死した。

 

長崎海軍伝習所で航海術を学び、幕府に出仕した。1860(万延元)年の咸臨丸渡米時には測量方を勤め、軍艦頭並の後、軍艦蟠龍の艦長として箱館戦争に従軍した。 翌年5月11日の新政府軍箱館総攻撃時には、箱館港海戦で蟠龍から砲弾を放ち、新政府軍艦朝陽を撃沈したが、蟠龍も操船不能に陥り、松岡は上陸して弁天台場に逃れて降伏した。東京に護送された後、獄中で病死した。

旧幕府海軍「蟠龍」艦長 松岡盤吉 画像出典:函館市中央図書館蔵

メインで登場するモニュメントの設置スポット

サブで取り上げられているモニュメントの設置スポット

BACK TO TOP