MONONOFU登場人物 / 最後の武士(もののふ)達

The portrait is unknown.

本多幸七郎

Honda Koshichiro / 1847 - 不明

1845(弘化2)年生まれ。祖父本多八左衛門の家督を継ぎ将軍警護の任につく。戊辰戦争の際は、大鳥圭介に従い、伝習隊として各地の戦闘に参加。1868(明治元)年、鷲ノ木に上陸後、人見勝太郎とともに箱館府へ嘆願書を届ける使者となる。箱館戦争勃発後は、伝習歩兵隊を率いて峠下の戦いや木古内の戦いで新政府軍を撃破する。

 

1845(弘化2)年生まれ。幕府の士官として歩兵頭を務める。戊辰戦争では大鳥圭介の腹心人物といわれ、伝習隊を率いて南関東から箱館まで各地を転戦した。木古内口の戦いにおいては、伝習歩兵隊を指揮して新政府軍を撃退している。

 

幕末の旗本で将軍の警護を務める新番に就く。戊辰戦争では伝習隊第二大隊長として約500名を率いて大鳥圭介に従い、関東各地の戦闘に参戦した。箱館戦争終結後は弘前藩預かりとなる。明治時代に入ると静岡藩により設立された沼津兵学校の体育教官となり、その後陸軍大尉まで勤め上げた。享年60歳。

サブで取り上げられているモニュメントの設置スポット

BACK TO TOP